無添加調理の石井食品

石井食品株式会社 | 無添加調理

ホーム | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

  • オンラインショッピング
  • 品質保証番号検索
  • お役立ち情報
  • ヘルシー倶楽部
サイトトップお役立ち情報TOP原材料産地レポートTOP 高菜 佐賀県 唐津市相知町

原材料産地レポート

石井食品の社員がお伝えする原材料の産地や加工工場の報告です。
原材料の産地や加工工場の点検は代表的な原材料のみ記載しています。全ての原材料の産地や加工工場については、記載していません。

高菜 佐賀県 唐津市相知町

訪問日:2011年3月/2011年6月

2011.3.5
確認した高菜は、“相知(おうち)高菜”といい、この地域で100年以上栽培されている在来品種のものです。一時期、生産性の良い大型品種の栽培の導入で、生産が途絶えた状態にありました。そのため、「幻の高菜」とも呼ばれていましたが、2009年に40年ぶりに栽培が復活しました。

“相知高菜”は一般的に食べられている高菜よりひとまわり小さく、葉は柔らかくて青みが強く、甘酸っぱい香りが特徴です。漬物にすると甘酸っぱさがうま味にかわり、柔らかい食感となります。

通常、“相知高菜”は相知町の高地で栽培されていますが、こちらの農家では、“相知高菜”を平地でも栽培できるようにし、日当たりの良い畑で栽培されています。高地で栽培するより、生育の途中で霜がおりることが少なく、葉がやけることがないため、良い状態の高菜を収穫できることを確認しました。

2011.6.7
高菜は3~4月に収穫された後、1日天日干しをし、漬物用の樽に漬けて8月まで発酵させます。2011年4月5日に漬け込んだ樽は、樽の上部まで漬けこまれていましたが、6月7日の時点では30cm程沈んでおり順調に発酵がすすんでいることを確認しました。また良質の漬物に必要な、雑菌を防ぐための良性のカビが表面に発生しており、良い品質の漬物だということも確認しました。

使用商品
相知高菜のまぜごはん

※商品に使われている原材料の産地は季節や時期により異なります。
詳しくは、品質保証番号検索から、商品についている「品質保証番号」と「賞味期限」を入力していただくと、詳しい原材料情報がわかります。

オンラインショッピング
別の商品を検索する